June 13, 2019 / 5:52 PM / 11 days ago

欧州株式市場=小幅反発、資源株買われる

    [13日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 STOXX欧州600    380.33    +0.59  +0.16    379.74          
 種                                                        
 FTSEユーロファー   1496.22    +2.04  +0.14   1494.18          
 スト300種                                              
 DJユーロSTOXX   3390.50    +3.87  +0.11   3386.63  <.STOXX50
 50種                                                    E>
 
        
    欧州株式市場は小幅反発して取引を終えた。資源株が相場を押し上げた。ただ、中東
オマーン沖での石油タンカー攻撃や米中貿易摩擦への懸念が高まり、終盤にかけて上昇幅
を圧縮した。
    STOXX欧州600種資源株指数は1.65%上昇。銅やその他の金属が
値上がりしたことが材料視された。
    石油タンカー攻撃を受け原油価格は序盤に急上昇した。インタラクティブ・ブローカ
ーズの首席ストラテジスト、スティーブ・ソズニック氏は、タンカー攻撃が広範な部門に
影響しなかったことに驚いたと指摘。「石油部門は当然のことながらプラスの値動きを示
したが、石油に頼らない、もしくは石油を消費しないそれ以外の部門は攻撃が相場を動か
す材料にならなかった」と述べた。
    欧州株は今月に入り約3%上昇。5月は月間ベースで2年超ぶりの大幅安となったが
、今月は前月の値下がりを約半分取り戻している。その一因が、米連邦準備理事会(FR
B)や欧州中央銀行(ECB)が世界経済の減速に対応するとの期待だ。ここ1年間、相
場や主要な経済は貿易摩擦の打撃を受けてきた。
    12日に発表された米消費者物価指数(CPI)が軟調だったことを受け、市場はF
RBが年内に3回利下げすることを織り込んだ。ただ、一部のアナリストはこうした見方
が過剰だとしている。
    金利見通しが下がると売られる傾向のある銀行株指数はこの日、0.02%
低下と小幅に落ち込んだ。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below