Reuters logo
欧州株式市場=小幅続伸、前日からは失速
2017年9月28日 / 18:07 / 25日前

欧州株式市場=小幅続伸、前日からは失速

    [ミラノ/ロンドン 28日 ロイター] - 
 <株式指数>                    終値   前日     %  前営業日終  コード
                                          比                 値  
 STOXX欧州600種        386.36  +0.74  +0.19      385.62          
 FTSEユーロファースト3   1518.06  +2.43  +0.16     1515.63          
 00種                                                          
 DJユーロSTOXX50種   3563.64  +8.47  +0.24     3555.17             
        
    欧州株式市場は小幅に続伸して取引を終えた。
    STOXX欧州600種指数は前日、米トランプ政権が税制改革案を公表し
たことで、金利や物価、証券価格の上昇を意識した「トランプフレーショントレード」が
再び活発になるとの期待が高まり、約10週間ぶりの高値をつけた。この日も値上がりし
たものの、勢いは失った。
    IGの市場アナリスト、ジョシュア・マホニー氏は投資家向けのメモで「欧州株式相
場は小幅に伸びたが、トランプ大統領の税制改革案への期待による値上がりの勢いは失速
した」と述べた。
    建設の英バルフォア・ビーティは5.6%上昇した。株式仲介会社ピール・
ハントがバルフォア・ビーティについて前向きな見方を示し、投資判断を「買い」に引き
上げたことが好感された。同社のインフラ投資とバランスシート強化を「隠れた価値」と
し、中期的に株主還元が増える可能性を示唆すると評価した。
    一方、スウェーデンのアパレル小売り大手へネス・アンド・マウリッツ(H&M)<H
Mb.ST>は5.1%下落。STOXX欧州600種で最も振るわなかった。第3・四半期利
益が20%減少したことが嫌気された。夏物衣料の値下げで利益率が圧迫されたほか、9
月は月末にかけ売上高が低迷した。

    
 (い)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below