for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州株式市場=小幅続伸、商品関連株が堅調

    [16日 ロイター] - 欧州株式市場は小幅続伸して取引を終え
た。緊迫するウクライナ情勢が注目される中、商品関連株が相場を押し
上げた。
    STOXX欧州600種石油・ガス株指数が1.60%、
資源株指数が1.32%それぞれ上昇した。
    米国と北大西洋条約機構(NATO)はロシアがウクライナ周辺で
まだ部隊を増強していると指摘し、ウクライナ政府はサイバー攻撃につ
いてロシアが背後にいた可能性があるとの見解を示し、懸念は払しょく
されていない。
    ここ数週間でリスクの高い資産は打撃を受けた。原油価格の高騰が
インフレ懸念に拍車をかけ、ロシアのウクライナ侵攻の懸念からボラテ
ィリティー指数は14日に約3週間ぶりの高水準となった。
    RBCウェルス・マネジメントの投資戦略責任者フレデリック・キ
ャリア氏は「多く(のリスク)は価格に反映されているようだが、私た
ちは地政学的な出来事に基づいて投資判断をしない。歴史的に戦争の行
為が市場に与える影響は、それ自体が景気後退(リセッション)の引き
金となる石油危機を除けば比較的短期間で終わる傾向がある」と言及し
た。
    英国のFTSE100種総合株価指数、フランスのCAC
40指数、ドイツのDAX指数は0.07%─0.2
8%下落した。
    スウェーデン通信機器大手エリクソンは14.4%下落
。イラクでの不正行為を詳細に記した内部調査結果を公表し、売り浴び
せられた。
    欧州企業の決算は概ね良好で、リフィニティブのIBESデータに
よると欧州企業の2021年第4・四半期利益は前年同期比58.6%
増の見通し。今月前半の56.2%からわずかに上方修正された。
 <株式指数>                 終値   前日比      %   前営業日  コード
                                                          終値  
 STOXX欧州600種     467.23    -0.33   -0.07     467.56          
 FTSEユーロファース    1828.32    +0.36   +0.02    1827.96          
 ト300種                                                     
 ユーロSTOXX50種    4137.22    -6.49   -0.16    4143.71  <.STOXX50E
                                                                >
 
    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up