December 21, 2017 / 7:26 PM / 7 months ago

欧州株式市場=広範に買われ反発、カタルーニャ議会選に注目

    [ロンドン 21日 ロイター] - 
 <株式指数>                        終値     前日比         %    前営業日終値  コード
 STOXX欧州600種            390.69      +2.32      +0.60          388.37          
 FTSEユーロファースト300   1537.58     +10.05      +0.66         1527.53          
 種                                                                              
 DJユーロSTOXX50種       3570.78     +18.13      +0.51         3552.65             
    欧州株式市場は反発して取引を終えた。クリスマス休暇前に薄商いだったものの、ほ
とんどのセクターがプラス圏で引けた。ヘルスケアと生活必需品、金融株が大きな押し上
げ要因だった。エネルギーや素材関連銘柄も値を上げた。
    スペインのIBEX指数は0.95%上昇した。この日投票が行われたスペ
イン・カタルーニャ自治州の議会選挙の結果が注目されている。スペインの中央政府は、
独立派政党が過半数の議席を獲得しないことを望んでいる。
    スペインの銀行サンタンデールとサバデル、カイシャバンク<CABK
.MC>は1.5%から2.1%上昇した。
    米国では1兆5000億ドル規模の減税法案が可決したが、欧州株への影響はあまり
なかった。
    アクセンド・マーケッツのヘンリー・クロフト氏は、今後の注目点は税制改革が20
18年に株価を上げるかどうかだと述べた。
  フィンランドの通信機器大手ノキアは4.0%上昇し、STOXX欧州60
0種指数で最も好調だった。中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)<002
502.SZ>と特許ライセンス契約を結んだことが好感された。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below