February 26, 2020 / 6:58 PM / 4 months ago

欧州株式市場=横ばい、売り圧力が和らぎ小休止

    [26日 ロイター] - 
 <株式指数>               終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                       終値  
 STOXX欧州600種   404.62    +0.02   0.00     404.60          
 FTSEユーロファース  1577.03    +0.86  +0.05    1576.17          
 ト300種                                                  
 ユーロSTOXX50種  3577.68    +5.17  +0.14    3572.51  <.STOXX50E
                                                             >
 
        
    欧州株式市場はほぼ横ばいで取引を終えた。好決算を材料に公益株と自動車株が値を
上げ、新型コロナウイルスを巡る懸念による売り圧力が和らいだ。
    STOXX欧州600種は一時2.9%下落し4カ月ぶりの安値を付ける局面もあっ
たが、終盤にかけて持ち直した。アナリストは、これまで連日株価が下がった後、ここに
きて売り圧力が弱まったと述べる。
    EXTキャピタルのアナリスト、マイケル・ベイカー氏は「投資家はこれまで積極的
に売り込んでいた。感染が一段と拡大しているような報道はない。少なくとも目新しいニ
ュースはない。こうした中、市場は一息ついて、コロナウイルスによる打撃の度合いを評
価しているところだろう」とした。
    STOXX欧州600種公益事業株指数は1.33%上昇した。通期利益の
伸びが好調だったスペイン電力大手イベルドローラが5.1%高となった。
    自動車・部品株指数は1.31%上昇。好調な19年決算を発表したフラン
スの自動車大手PSAグループが4.8%高だった。合併する予定のフィアッ
ト・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は4.6%高となった。
    英エンジニアリング大手ウィアー・グループは11.2%上昇した。通期の
コア利益が市場予想を上回った。
    一方、旅行・娯楽関連株指数は2.00%下落し、部門別で最も軟調だった
。同指数は今週、9.51%下落している。航空銘柄が主な値下がり要因だ。
    デンマークの施設サービス会社ISSは15.4%急落して過去最安値。2
020年の軟調な利益見通しが嫌気された。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below