April 20, 2017 / 7:17 PM / 9 months ago

欧州株式市場=続伸、フランス株に買い

    [ロンドン 20日 ロイター] - 
 <株式指数>                     終値     前日比        %   前営業日終値  コード
 STOXX欧州600種         378.06      +0.82     +0.22         377.24          
 FTSEユーロファースト30  1483.74      +2.62     +0.18        1481.12          
 0種                                                                       
 DJユーロSTOXX50種    3440.03     +19.04     +0.56        3420.99             
 
        
    欧州株式市場は続伸して取引を終えた。決算が好感されたヘッジファンド大手マン・
グループや、業績見通しを維持したデンマークの宝飾品メーカー、パンドラ<PNDO
RA.CO>が買われた。フランス大統領選第1回投票が迫る中、フランスの株が値上がりした
。
    フランスのCAC40指数は1.48%上昇し、他国の指数をしのぐ伸びと
なった。3月上旬以来の大幅上昇だった。
    景気の先行き指標とみられている銀行株が特に買われた。フランスのBNPパリバ<B
NPP.PA>とソシエテ・ジェネラルはそれぞれ4.0%と2.8%値上がりした。
一部アナリストは、大統領選の投票を前に投資家らが売りポジションを解消しているとの
見方を示す。
    バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチのストラジストらは投資家向けメモで「フラ
ンスの選挙を数日後に控える中、世論調査をみる限り何が起きてもおかしくない。市場に
とって最悪の結果は、ルペン氏とマクロン氏が第2回の決戦投票に残ることだ。市場がフ
レグジット(フランスの欧州連合離脱)を織り込み始める可能性があるからだ」とした。
    STOXX600種銀行株指数 は0.76%上昇した。UBSは19日、銀
行部門の投資判断を「アンダーウェート」から「ニュートラル」に引き上げた。リフレ観
測が高まっていることや規制が弱まるとみられることを理由として挙げた。
    マン・グループは4.4%上昇した。第1・四半期の運用資産が純流入となったこと
が好感された。
    パンドラは5.0%高。2017年の業績見通しを維持したことが買い材料となった
。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below