January 9, 2020 / 9:14 PM / 16 days ago

欧州株式市場=続伸、中東情勢の緊張和らぐ

    [9日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                      終値  
 STOXX欧州600    419.64    +1.28  +0.31     418.36          
 種                                                         
 FTSEユーロファー   1641.14    +5.38  +0.33    1635.76          
 スト300種                                               
 ユーロSTOXX50   3795.88   +23.32  +0.62    3772.56  <.STOXX50E
 種                                                         >
 
    欧州株式市場は続伸して取引を終えた。米国とイランが対立激化を
避けたい意向を示唆したことや、米中が第1段階の合意を来週署名する
との見方が高まったことが相場を押し上げた。
    通商政策に左右されやすいドイツのクセトラDAX指数は
1.31%上昇し、地域別で値上がりが目立った。11月の鉱工業生産
指数が市場予想を上回ったことも買い材料だった。
    コプリー・ファンド・リサーチのスティーブン・ホールデン最高経
営責任者(CEO)は「欧州では信頼感が回復している」と指摘。「景
気の持ち直しに加え、欧州中央銀行(ECB)が長い間利上げしないこ
とがほぼ確定しており、全ての部門や地域において投資家は非常に大き
な利益を生み出せるだろう」との見方を示した。
    個別銘柄ではオランダのバイオ医薬品企業、アージェンクス<ARGX.
BR>が6.3%高だった。中間段階の臨床試験で良好な結果が出たこと
が好感された。
    一方、小売り大手マークス・アンド・スペンサー(M&S)<MKS.L
>は11.1%急落した。食品廃棄物が増えたほか、男性用衣料品や贈
り物の売り上げが軟調でクリスマス商戦で苦戦したことが浮き彫りにな
った。競合のテスコは0.9%上昇した。英国の売り上げは0
.1%増と辛うじて伸びた。小売業にとって数年ぶりの厳しい市況だっ
た中、競合よりは優れた業績だった。

    
 (ーからご覧ください)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below