for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州株式市場=続伸、最高値更新も資源株は下落

    [15日 ロイター] - 週明けの欧州株式市場は4営業日続伸し
て取引を終えた。STOXX欧州600種指数は最高値を更新
し、欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁の発言が金融引き締め観測
を後退させたのが上昇を後押しした。一方、資源株指数が1.
09%下落したのが相場の上げ幅を縮めた。
    ラガルド氏は現在の高いインフレは以前予想していたより長引くも
のの、来年には弱まると予測。政策措置を今実施した場合、物価上昇が
自力で減速し始める頃に経済に打撃を与えると語った。
    IGのシニア・マーケット・アナリスト、ジョシュア・マホニー氏
は「ラガルド氏のコメントは、ECBは初の利上げを2023年に据え
置いたままで、インフレ圧力に直面している中での継続的なハト派姿勢
を浮き彫りにした」と指摘した。
    ドイツのDAX指数が0.34%上昇し、フランスのCA
C40指数も0.53%上がり、それぞれ最高値を更新。CA
C40は、欧州航空機大手のエアバスが1.7%上昇したのが
寄与した。エアバスはプライベートエクイティのインディゴ・パートナ
ーズが出資する航空会社から、数十億ドル規模となる単通路型の新型旅
客機A321の255機を受注したのが買われる材料となった。
    スペインのバンコ・ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア(BBV
A)は4.3%下落。総合金融サービスグループのギャラン
ティBBVAの残存株を最大22.5億ユーロ(26億ドル
)で買収することを提案したのが売り材料となった。
    人工呼吸器をリコール(無料の回収・修理)を進めているオランダ
の医療機器・ヘルスケア大手フィリップスは10.6%下落。
施設の一つでの新たな検査を受け、米規制当局と協議中なのを発表した
ことが嫌気された。    
 <株式指数>              終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                      終値  
 STOXX欧州600    488.43    +1.68  +0.35     486.75          
 種                                                         
 FTSEユーロファー   1889.69    +6.15  +0.33    1883.54          
 スト300種                                               
 ユーロSTOXX50   4386.19   +15.86  +0.36    4370.33  <.STOXX50E
 種                                                         >
 
    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up