November 6, 2019 / 7:41 PM / in 7 days

欧州株式市場=続伸、消費関連株買われる

    [6日 ロイター] -    
 <株式指数>                 終値   前日比      %   前営業日  コード
                                                          終値  
 STOXX欧州600種     405.07    +0.84   +0.21     404.23          
 FTSEユーロファース    1588.74    +3.71   +0.23    1585.03          
 ト300種                                                     
 ユーロSTOXX50種    3688.74   +12.22   +0.33    3676.52  <.STOXX50E
                                                                >
 
    欧州株式市場は続伸して取引を終えた。消費関連株が買われ全体水準を押し上げた。
    STOXX欧州600種指数は4年超ぶりの高値をつけた。2015年4月
につけた過去最高値まで2%に迫る水準だ。欧州株は今週、米中通商協議への期待から好
調な伸びを示している。ただ取引時間が終わった数分後に、第1段階の貿易合意の署名が
12月に後ずれする可能性があるとロイターが報じた。
    STOXX欧州600種食品・飲料株指数は0.98%、小売株指数
はそれぞれ0.49%上昇した。
    個別銘柄では堅調な第3・四半期決算が好感された食品小売り大手アホールド・デレ
ーズが5.0%高だった。米市場でスーパーのフードライオンとハナフォードの
売り上げが好調だったとした。
    第3・四半期利益が市場予想を上回ったドイツの化学品卸売り大手ブレンタグ<BNRGn
.DE>は4.5%値を上げた。ブレンタグの値上がりで化学株指数は0.57%上
昇した。
    フランスの銀行ソシエテ・ジェネラル(ソジェン)は3.4%上昇した。
第3・四半期利益が減ったにもかかわらず自己資本比率が上昇したことが好感された。ソ
ジェンの決算のほか、欧州における銀行改革が具体化するとの期待から銀行株指数<.SX7P
>は取引時間中に約1%高をつけたが、終盤にかけて勢いがなくなり、ほぼ横ばいで取引
を終えた。
    自動車・部品株指数は0.31%、資源株指数は0.44%それぞれ
低下した。
    年初来最も不振な部門は通信株で、値上がり幅が5%を下回っている。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below