June 11, 2019 / 6:04 PM / 8 days ago

欧州株式市場=続伸、祝日明けのドイツ株が高い

    [11日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 STOXX欧州600    380.89    +2.62  +0.69    378.27          
 種                                                        
 FTSEユーロファー   1499.05    +9.89  +0.66   1489.16          
 スト300種                                              
 DJユーロSTOXX   3401.10   +14.65  +0.43   3386.45  <.STOXX50
 50種                                                    E>
 
        
    欧州株式市場は3営業日続伸して取引を終えた。貿易摩擦が和らいでいる兆しを背景
に、祝日明けのドイツ市場が他市場の上昇に追いついた。また、中国が新たに景気刺激策
を打ち出したことで資源株が買われた。
    中国は、地方政府による投資促進策を強化。これを受けSTOXX欧州600種資源
株指数は2.76%上昇した。自動車・部品株指数は1.62%、化学株
指数は1.33%上昇した。
    トランプ米大統領が先週、メキシコ製品への関税を見送ったことが前日から買い材料
となっている。
    聖霊降臨祭の祝日で前日休場だったドイツのクセトラDAX指数は0.92
%上昇した。BMWとダイムラー、フォルクスワーゲン(VW)<VO
WG_p.DE>の自動車銘柄が押し上げ要因だった。そのほか、メキシコ事業で約10億ユーロ
の収益を上げる鉄鋼のティッセンクルップが4.8%上昇した。
    一方、スペインのIBEX指数は0.13%低下した。欧州中央銀行(EC
B)が利下げ姿勢に転換していることを受けイールドカーブが平坦化することを勘案し、
モルガンスタンレーがスペインの銀行の2020年と21年の収入予測を引き下げたこと
が嫌気された。IBEXは銀行株の比重が大きい。
    

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below