December 16, 2019 / 6:15 PM / 2 months ago

欧州株式市場=続伸、米中合意と英総選挙結果で過去最高値更新

    [16日 ロイター] - 
 <株式指数>                 終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                         終値  
 STOXX欧州600種     417.75    +5.73  +1.39     412.02          
 FTSEユーロファース    1628.63   +21.09  +1.31    1607.54          
 ト300種                                                    
 ユーロSTOXX50種    3772.74   +41.67  +1.12    3731.07  <.STOXX50E
                                                               >
 
    週明け欧州株式市場は4営業日続伸して取引を終えた。前週の英総選挙で与党保守党
が勝利したことに続き、米国と中国が第1段階の合意に至ったことで、STOXX欧州6
00種は過去最高値をつけた。
    英国株の値上がりが目立った。ジョンソン英首相率いる保守党が総選挙で勝ったこと
で、英国の欧州連合(EU)離脱を巡る不安から売られてきた株が買い戻された。英豪系
資源大手BHP とスイスの商品取引・資源大手グレンコア、たばこの
ブリティッシュ・アメリカン・タバコは2.3%から4.4%上昇した。
    英国のEU離脱の先行き不透明感が重しとなっていた英銀大手のロイヤル・バンク・
オブ・スコットランド(RBS)やバークレイズなどの銀行株も値を上
げた。    
    米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表が、中国との「第1段階の合意」に
より、米国の対中輸出が向こう2年間で2倍近くに拡大すると述べたほか、第1段階の討
議が「完全に終わった」としたことで市場心理が好転した。通商政策に左右されやすいS
TOXX欧州600種資源株指数は1.87%上昇した。
     こうした中、ドイツのクセトラDAX指数は他市場ほど伸びなかった。個
別銘柄ではドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が0.6%安だ
った。この日発表された12月の総合購買担当者景気指数(PMI)は、景況拡大と悪化
の節目である50を4カ月連続で下回った。サービス部門は伸びたが、製造業の悪化で帳
消しとなった。 
    ユーロ圏や英国の総合PMIも軟調な内容だったが、通商協議の展開と英国のEU離
脱が材料視される中で相場に悪影響はなかった。
    スウェーデンの家電メーカー、エレクトロラックスは10.6%下落した
。北米事業の利益が予想よりも悪くなると警告したことが嫌気された。サウスカロライナ
州への工場移設の費用が一因と指摘した。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below