November 2, 2018 / 6:49 PM / 18 days ago

欧州株式市場=続伸、米中貿易合意への期待で

    [ロンドン 2日 ロイター] -    
 <株式指数>                  終値    前日比      %  前営業日終  コード
                                                               値  
 STOXX欧州600種      364.08     +1.00   +0.28      363.08          
 FTSEユーロファースト   1429.62     +2.65   +0.19     1426.97          
 300種                                                          
 DJユーロSTOXX50   3214.41    +10.20   +0.32     3204.21             
 種                                                                
    
    欧州株式市場は続伸して取引を終えた。11月末にアルゼンチンで開かれる20カ国
・地域(G20)首脳会議に合わせて行われる米中会談で、貿易摩擦の解消で合意に至る
可能性をトランプ米大統領が示唆し、市場心理が好転した。
    STOXX欧州600種指数は週間ベースで3.33%上昇し、2016年
12月以来の大幅な伸びとなった。
    UBSの投資部門のアナリストは「貿易摩擦によって中国と米国双方の相場において
市場心理が悪化していた。少しでも進展があった兆しがあるだけでも、相場を押し上げる
のは当然だ」とした。
    貿易摩擦の打撃が最も大きいとみなされていた自動車・部品株指数は1.6
0%上昇した。
    同じく貿易摩擦に左右される高級ブランド銘柄も値を上げた。傘下にイタリアのグッ
チを持つフランスの高級ブランドグループ、ケリングは5.5%高だった。ゴ
ールドマン・サックスによる投資判断の引き上げが好感された。フランスのLVMH(モ
エ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)は3.4%、イタリアのモンクレール<MONC.M
I>は5.2%それぞれ上昇した。
    この日は序盤に株価が大幅に上がった後、米国株式相場が下落したことで、終盤にか
けて上昇幅を圧縮した。この日発表された10月の米雇用統計は賃金が底堅く伸び、労働
市場の引き締まりを示した。米連邦準備理事会(FRB)が12月に再利上げするとの見
方が高まり、株価が下がった。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below