February 12, 2019 / 6:43 PM / 4 days ago

欧州株式市場=続伸、米中通商協議と米予算案への期待で

    [ロンドン 12日 ロイター] - 
 <株式指数>                    終値  前日比     %  前営業日終  コード
                                                              値  
 STOXX欧州600種        362.78   +1.66  +0.46      361.12          
 FTSEユーロファースト3   1427.99   +6.43  +0.45     1421.56          
 00種                                                           
 DJユーロSTOXX50種   3190.75  +25.14  +0.79     3165.61             
        
    欧州株式市場は続伸して取引を終えた。米中通商協議への期待のほか、米予算案で民
主党と共和党が歩み寄る兆しが出て、買い意欲につながった。決算が好感されたタイヤメ
ーカーのミシュランも相場の押し上げ要因となった。
    通商政策に左右されやすいドイツのクセトラDAX指数は1.01%、フラ
ンスのCAC40指数は0.84%上昇した。
    ミシュランは13.1%急騰。決算が市場予想を上回ったほか、厳しい市況の中でも
営業利益が今年、さらに増えるとの見通しが好感された。STOXX欧州600種自動車
・部品株指数は2.76%上昇した。
    フランスの高級ブランドグループ、ケリングは3.3%上昇した。強気な
第1・四半期見通しが買い材料となった。
    一方、金融取引プラットフォーム運営のプラス500は30.7%急落し
た。プラス500の小売事業に関する欧州連合(EU)の規制強化を指摘した上で利益と
売り上げ見通しを引き下げた。同業のIGグループは4.3%の連れ安となった
。
    クレディ・スイスは世界全体の株式の投資判断を「オーバーウェート」から「ニュー
トラル」に引き下げた。「世界の株式は総じて、今年も魅力的な利益率を生み出す見通し
だが、短期的リスクが高まっていることも事実だ」とした、「特に投資家らは、昨年12
月の株価調整以来、神経質になっている」と述べた。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below