September 19, 2018 / 5:29 PM / a month ago

欧州株式市場=続伸、鉱業や自動車銘柄買われる

    [ミラノ/ロンドン 19日 ロイター] - 
 <株式指数>                  終値    前日比      %  前営業日終  コード
                                                               値  
 STOXX欧州600種      379.98     +1.25   +0.33      378.73          
 FTSEユーロファースト   1485.99     +4.96   +0.33     1481.03          
 300種                                                          
 DJユーロSTOXX50   3368.56    +10.10   +0.30     3358.46             
 種                                                                
    
    欧州株式市場は続伸して取引を終えた。米中の報復関税の応酬が終盤に差し掛かって
いるとの見方から、通商政策に左右されやすい鉱業や自動車銘柄が値を上げた。
    米中が今週、互いに新たな関税措置を発表した後、両国は交渉を再開するとの期待が
広がった。関税措置はともに、当初予想されていたほど厳しい内容ではなかった。
    クレディ・スイスのストラジストらは顧客向けのメモで「われわれの基本シナリオに
基づくと両国は向こう6-9カ月間で合意に至るだろう」と述べた。
    STOXX欧州600種資源株指数は3.13%上昇し、2カ月ぶりの大幅
高となった。部門別で最も好調だった。米中貿易摩擦への不安が後退する中で、銅価格が
上昇したことが買い材料となった。
    貿易摩擦への懸念が高まる中で今年低迷してきた自動車・部品株指数は1.
49%上昇した。個別銘柄では自動車部品のシェーファーが3.0%高だった
。産業部門の受注が好調だったことで通期の売り上げ見通しを維持したことが好感された
。
    ドイツの産業ガス、リンデは7.8%上昇した。米同業のプラクスエア<PX
.N>との統合計画に進展があったことが買い材料だった。
    一方、世界最大の人材派遣会社、スイスのアデコは6.2%下落した。現時
点で第3・四半期の成長鈍化が見込まれるとの見方を示したことが嫌気された。オランダ
の同業ランスタッドは5.1%の連れ安となった。
    日曜大工用品小売りで欧州2位のキングフィッシャーは6.3%安だった。
上半期利益が15%減となっとことが嫌気された。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below