July 21, 2020 / 5:49 PM / 20 days ago

欧州株式市場=続伸、EU復興基金合意などで

    [21日 ロイター] - 
 <株式指数>             終値  前日比     %  前営業日  コード
                                                   終値  
 STOXX欧州600   376.70   +1.19  +0.32    375.51          
 種                                                      
 FTSEユーロファー  1468.05   +4.49  +0.31   1463.56          
 スト300種                                            
 ユーロSTOXX50  3405.35  +17.01  +0.50   3388.34  <.STOXX50
 種                                                      E>
 
        
    欧州株式市場は3月上旬以来、4カ月超ぶりの高値に続伸して取引を終えた。欧州連
合(EU)首脳が新型コロナウイルスで打撃を被った欧州経済を立て直す復興基金で合意
したことが買い材料となった。
原油高が追い風となり、STOXX欧州600種石油・ガス株指数が最大の押し
上げ要因となった。
    EU首脳は7500億ユーロ(8560億ドル)の復興基金と約1兆1000億ユー
ロの2021─27年のEU共通予算について合意に至った。復興基金を糧にして、第二
次世界大戦以降最も深刻な景気後退(リセッション)から脱したい意向だ。
    ドイツのクセトラDAX指数は0.96%上昇し、5カ月超ぶりの高値を付
けた。ドイツのソフトウエア大手SAPが1.9%値上がりし、全体水準を押
し上げた。
    ノルウェーのクラシファイド広告(案内広告)グループ、アデビンタは2
5.9%急騰。米電子商取引大手イーベイがクラシファイド広告事業をアデビン
タに92億ドルで売却することで合意したことが好感された。
    オランダの人材サービス大手ランスタッドは8.9%高だった。四半期の
コア利益が予想ほど落ち込まなかったことで買い安心感が広がった。
    一方、スイス製薬大手ノバルティスは1.9%下落。新型コロナによる打撃
で四半期の売り上げが落ち込み、20年の売り上げ見通しを引き下げたことが嫌気された
。
    英豪系資源大手BHPは2.6%安。需要に関する軟調な見方を示したこと
が不安視された。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below