May 20, 2019 / 6:26 PM / 4 months ago

欧州株式市場=続落、ファーウェイ巡る米中対立を懸念

    [20日 ロイター] - 
 <株式指数>                    終値  前日比     %  前営業日終  コード
                                                              値  
 STOXX欧州600種        377.46   -4.05  -1.06      381.51          
 FTSEユーロファースト3   1485.51  -15.45  -1.03     1500.96          
 00種                                                           
 DJユーロSTOXX50種   3369.78  -55.86  -1.63     3425.64             
        
    週明け欧州株式市場は続落して取引を終えた。米政府が中国の通信機器大手、華為技
術(ファーウェイ)        との取引を原則禁じる制裁措置をとったことで貿易摩擦の悪
化に対する懸念が再燃した。
    米アルファベット傘下のグーグルがファーウェイとの一部取引を停止した
とするロイターの報道を受け、世界的に市場心理が悪化した。また、米アップルの供給業
者である米光学部品メーカー、ルメンタム・ホールディングスは、ファーウェイ
に対する出荷を停止すると発表した。
    ファーウェイに半導体を供給している企業に対する懸念が高まり、半導体製造メーカ
ーのASMLとSTマイクロエレクトロニクス、AMSは6.
3%から13.4%下落した。STOXX欧州600種テクノロジー株指数は2
.84%低下した。
    通商政策に左右されやすい自動車・部品株指数は1.95%低下し、1カ月
半超ぶりの安値をつけた。
    銀行株指数は1.59%低下した。ドイツ銀行が2.9%安と終
値で過去最安値をつけ、銀行株の重しとなった。米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)
によると、ドイツ銀行のマネーロンダリング(資金洗浄)対策専門家が2016、17年
に、トランプ米大統領と娘婿のクシュナー大統領上級顧問が運営する法人が関与する複数
の取引について米財務省の金融犯罪取り締まり当局に報告するよう勧告したが、ドイツ銀
幹部は拒否し、報告しなかった。ドイツ銀行は報道を否定している。
    旅行・娯楽関連株指数は1.43%低下した。欧州格安航空会社(LCC)
大手ライアンエアが4.6%安となった。通期利益が4年ぶりの低水準となった
ほか、売り上げが今後、さらに減る可能性があるとの見通しを示した。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below