for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州株式市場=続落、中国での新型ウイルス感染を不安視

    [21日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 STOXX欧州600    423.38    -0.60  -0.14    423.98          
 種                                                        
 FTSEユーロファー   1655.06    -2.66  -0.16   1657.72          
 スト300種                                              
 ユーロSTOXX50   3789.12    -9.91  -0.26   3799.03  <.STOXX50
 種                                                        E>
 
        
    欧州株式市場は続落して取引を終えた。中国で新型コロナウイルスの感染が広がって
いることが懸念材料となった。ただドイツの好調な経済指標や、米仏の緊張が和らぐ兆し
を受け、終盤にかけて下落幅を圧縮した。
    新型コロナウイルスの感染拡大が旧正月の旅行に影響するとの懸念から、エールフラ
ンスKLMやドイツのルフトハンザ、英ブリティッシュ・エアウェイ
ズ(BA)の親会社IAGなどの航空銘柄が値下がりした。
    中国で製品を販売するフランスの高級ブランドLVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴ
ィトン)や同ケリング、同エルメス、英バーバリー<BRBY.L
>も下落した。
    中国へのエクスポージャーが高いSTOXX欧州600種資源株指数は最も
軟調な部門だった。
    フランスのマクロン大統領はトランプ米大統領とデジタル課税を巡り「素晴らしい協
議」を設けたと述べた。 両国は関税の発動を避けるために協力するとした。[nL4N29P3YP
]
    ドイツ欧州経済センター(ZEW)が発表した1月の独ZEW景気期待指数は201
5年半ば以来の高水準を付けた。米中が通商交渉で「第1段階」の合意に署名したことで
楽観的な見方が広がった。ドイツの経済成長率が13年以来の水準に減速する中で好材料
となった。
    フランスとドイツのニュースを受け相場は日中の最安値からやや持ち直した。
    スイスの化学大手ロンザは7.5%上昇。新しい最高経営責任者(CEO)
候補に製薬業界のベテランを探しているとの発言が材料視された。

    
 (い)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up