May 29, 2019 / 6:25 PM / a month ago

欧州株式市場=続落、中国によるレアアースの対米輸出規制の可能性を不安視

    [29日 ロイター] - 

 <株式指数>                 終値   前日比      %   前営業日  コード
                                                          終値  
 STOXX欧州600種     370.51    -5.39   -1.43     375.90          
 FTSEユーロファース    1459.70   -20.01   -1.35    1479.71          
 ト300種                                                     
 DJユーロSTOXX5    3297.81   -51.05   -1.52    3348.86  <.STOXX50E
 0種                                                           >
    
    欧州株式市場は続落して取引を終えた。中国のメディアが、米国への報復措置として
レアアース(希土類)の輸出制限の可能性を報じ、市場心理が悪化した。
    STOXX欧州600種指数は3カ月超ぶりの安値となった。全ての部門が
マイナス圏で取引された。
    中国政府は今のところ、輸出制限するかどうかを明確には述べていないが、中国メデ
ィアはその可能性を強く示唆した。実際制限した場合、米中の貿易摩擦は高まることとな
る。レアアースは、電気・ハイブリッド自動車の蓄電池やコンピュータ、風力タービン、
照明などに使われている。
    通商政策に左右されやすいドイツのクセトラDAX指数は1.57%低下し
、2カ月弱ぶりの安値となった。ドイツの5月の失業者数は約2年ぶりに増加し、景気減
速が労働市場に波及しつつあることを示した。
    テクノロジー株指数は2.17%低下した。中国がレアアースの輸出を制限
した場合テクノロジー部門は他と比べて打撃が大きい。
    小売株指数は2.45%低下し、部門別で最も大幅に落ち込んだ。フランス
の小売り大手カジノが4.0%安となり、全体の重しとなった。中間配当を止
めたほか、格付けが引き下げられたことが嫌気された。小売大手テスコは5.2
%、スーパーマーケット大手セインズベリーは0.2%それぞれ下落した。調査
会社カンター・ワールドパネルが発表した19日までの12週間の調査によると、国内の
4大スーパーは全て市場占有率が低下した。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below