July 27, 2020 / 6:54 PM / 18 days ago

欧州株式市場=続落、旅行株売られる

    [27日 ロイター] - 
 <株式指数>             終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                    終値  
 STOXX欧州600   366.15    -1.14  -0.31    367.29          
 種                                                       
 FTSEユーロファー  1425.95    -3.79  -0.27   1429.74          
 スト300種                                             
 ユーロSTOXX50  3302.84    -8.05  -0.24   3310.89  <.STOXX50
 種                                                       E>
 
        
    週明け欧州株式市場は続落して取引を終えた。英国が、新型コロナ
ウイルスの感染件数が急増したスペインからの入国者に2週間の隔離措
置を課したことで旅行関連株が売られた。
    STOXX欧州600種旅行・娯楽関連株指数は3.35
%下落した。英航空会社ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の親会
社IAGと格安航空会社のイージージェット、旅行大
手のTUIは5.9%─11.7%下落した。
    欧州格安航空会社(LCC)最大手ライアンエアは3.7
%安。通期の旅客数目標を4分の1引き下げたほか、新型コロナ感染の
第2波が来た場合、目標はさらに下がる可能性があると指摘した。
    ドイツの航空大手ルフトハンザとエールフランス<AIRF.P
A>はともに約5%安だった。英政府がドイツとフランスの新型コロナ状
況も注視していると述べたことが不安視された。
    スペインのIBEX指数は1.70%下落し、他市場より
も大幅に落ち込んだ。銀行株もスペイン相場の重しだった。
    ドイツのクセトラDAX指数はほぼ横ばいだった。ドイツの
ソフトウエア大手SAPが2.7%上昇し、全体を下支えし
た。カスタマーエクスペリエンス(CX=商品利用に伴う顧客の体験価
値)のオンライン分析・管理手段を提供する傘下の米クアルトリクスを
スピンオフ(分離・独立)し、米国で新規株式公開(IPO)する計画
だと発表したことが好感された。
    ドイツのIFO経済研究所が発表した7月の業況指数は、過去最大
の上昇を記録した6月からさらに改善した。ただ新型コロナの感染件数
が再び増えていることへの不安から、軟調な相場展開となっている。

    
 (ーからご覧ください)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below