May 14, 2020 / 6:00 PM / 3 months ago

欧州株式市場=続落、景気低迷長期化への不安で

    [14日 ロイター] - 
 <株式指数>             終値  前日比     %  前営業日  コード
                                                   終値  
 STOXX欧州600   326.71   -7.26  -2.17    333.97          
 種                                                      
 FTSEユーロファー  1278.75  -27.55  -2.11   1306.30          
 スト300種                                            
 ユーロSTOXX50  2760.23  -50.32  -1.79   2810.55  <.STOXX50
 種                                                      E>
 
        
    欧州株式市場は約3週間ぶりの安値に続落して取引を終えた。新型コロナウイルスを
受けた景気低迷が長期化するとの不安から株式が売り込まれた。銀行株は一時、過去最安
値を付けた。
    STOXX欧州600種は、大規模な景気刺激策を背景に3月の安値から力強く持ち
直した後、5月は約4%値下がりしている。一部の国が早すぎる段階で封鎖措置を緩和す
ることによるウイルス感染第2波への不安が漂っている。
    前日には米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が第2次世界大戦以降最も深刻
な景気後退になるとの見通しを示したほか、世界保健機関(WHO)も新型ウイルスが消
え去ることはないと指摘。こうした当局者の見解を受け、不安は一段と高まった。
    STOXX欧州600種小売株指数と食品・飲料株指数の値下がりが
目立った。
    投資家の不安心理の度合いを示すユーロSTOXX50ボラティリティー指数<.V2TX
>は5月4日以来の高水準を付けた。
    自動車・部品株指数は2.83%下落した。欧州自動車大手フィアット・ク
ライスラー・オートモービルズ(FCA)とフランスの自動車大手PSAグル
ープが2019年の普通配当を取り消したことが嫌気された。
    STOXXユーロ圏銀行株指数は日中に過去最安値を付けた後、0.71%
安で取り引きを終えた。新型ウイルスのパンデミックを受けた貸付損失の増加や配当停止
が嫌気され、今年に入り50%近く下落している。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below