February 28, 2018 / 6:33 PM / 6 months ago

欧州株式市場=続落、決算や米利上げ加速観測を材料視

    [ロンドン 28日 ロイター] - 
 <株式指数>                     終値     前日比      %   前営業日終  コード
                                                                    値  
 STOXX欧州600種         379.63      -2.73   -0.71       382.36          
 FTSEユーロファースト3    1487.20     -10.86   -0.72      1498.06          
 00種                                                                 
 DJユーロSTOXX50種    3438.96     -19.07   -0.55      3458.03             
        
    欧州株式市場は続落して取引を終えた。軟調な決算を発表した銘柄が売られたほか、
米国の利上げペースが上がる懸念が相場の重しとなった。
    米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が前日の議会証言で米経済と物価につい
て前向きな見方を示した。ラボバンクは投資家向けのメモで「これは新議長の明確な宣言
だ。彼に判断が委ねられるのであれば利上げ見通しを現在の3回から4回へ改定した方が
良いと示唆している」と指摘した。パウエル氏の発言を受けて米国株式相場は下落した。
    決算も材料視された。建設資材のトラビス・パーキンズは10.5%急落し
、STOXX欧州600種指数で最も大幅に落ち込んだ。今年の利益見通しを横
ばいとし、利益の増加を見込んでいた投資家の期待をくじいた。トラビス・パーキンズは
また、優先度の低い事業において投資のペースを落とすとした。
    ドイツの医薬品・化学大手バイエルは1.9%下落した。ブラジルでの農
薬値下げが響き、利益が市場予想に届かなかった。米農薬・種子大手モンサント
の買収完了は当初予想よりも遅くなるとした。
    同じく決算が嫌気されたフランスの医療機器メーカーのビオメリューは1
0.4%下落した。
    一方、決算が好感されたドイツの半導体メーカー、ダイアログ・セミコンダクター<D
LGS.DE>は6.6%上昇した。
   

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below