January 22, 2020 / 7:44 PM / a month ago

欧州株式市場=続落、自動車株売られる

    [22日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                      終値  
 STOXX欧州600    423.04    -0.34  -0.08     423.38          
 種                                                         
 FTSEユーロファー   1652.63    -2.43  -0.15    1655.06          
 スト300種                                               
 ユーロSTOXX50   3769.79   -19.33  -0.51    3789.12  <.STOXX50E
 種                                                         >
        
    欧州株式市場は続落して取引を終えた。トランプ米大統領が欧州連
合(EU)の自動車に高関税を課す可能性を示したことで、自動車株が
3カ月ぶりの安値をつけた。
    トランプ大統領はスイスでの世界経済フォーラム年次総会(ダボス
会議)で、EUが通商協議で合意しなければ関税を課すと述べた。EU
と米国は最近、フランスのデジタル課税や航空機メーカーへの補助金な
ど幅広い項目で対立している。ハーバー駐米ドイツ大使は、EUも米製
品に関税を課すことができると反論した。
    STOXX欧州600種自動車・部品株指数は1.03%
下落し、19年10月半ば以来の安値をつけた。自動車産業は世界的な
需要の落ち込みによってすでに苦戦しており、今回の関税問題はさらな
る圧迫材料となった。フィンランドのタイヤメーカー、ノキアン・タイ
ヤやドイツの自動車大手ダイムラーの値下がりが
目立った。
    イタリアの主要株価FTSE・MIB指数は0.58%下
落した。イタリア連立政権の一角を担う「五つ星運動」のディマイオ党
首が辞任するとの報道を受け、イタリアが早期総選挙に向かうとの臆測
が出た。
    欧州中央銀行(ECB)の理事会を翌日に控え、欧州株の値下がり
は抑制された。23日の会合でECBは金利を据え置くとみられる。景
気が底入れしたとの見方がある中で今年の経済見通しが注目されている
。ラボバンクの上級市場エコノミスト、ティーウィー・メビッセン氏は
「明日のECB会合のような大きなイベントの前は相場があまり動かな
い」と指摘した。

    
 (ーからご覧ください)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below