February 14, 2020 / 7:00 PM / 5 days ago

欧州株式市場=続落、英仏株売られる

    [14日 ロイター] - 
 <株式指数>               終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                       終値  
 STOXX欧州600種   430.52    -0.56  -0.13     431.08          
 FTSEユーロファース  1678.49    -2.58  -0.15    1681.07          
 ト300種                                                  
 ユーロSTOXX50種  3840.97    -5.77  -0.15    3846.74  <.STOXX50E
                                                             >
 
        
    欧州株式市場は続落して取引を終えた。英国とフランス株の値下がりが目立った。
    英製薬のアストラゼネカは4.3%安だった。新型コロナウイルスの感染拡
大による打撃を考慮すると、今年は売り上げの伸びが鈍化する可能性があると指摘したこ
とが不安視された。英銀行大手ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)<RBS
.L>は6.8%値を下げた。投資銀行部門の規模削減や社名変更を含む新たな戦略が売り
材料となった。
    フランスのCAC40指数は0.39%下落した。バークレイズはフランス
のいくつかの消費関連株について、コロナウイルスが中国の消費に大きく影響すると指摘
し、投資判断を引き下げた。投資判断を引き下げられた酒造のペルノ・リカール<PERP.PA
>と同レミー・コアントロー、化粧品大手ロレアルは0.5─1.2
%下落した。
    先行き不透明が漂う中でも欧州株式相場は週間ベースで2週連続で伸びた。投資家は
、中国で発生したコロナウイルスによる経済への影響は長く続かないとの期待を抱いてい
る。世界保健機関(WHO)は、前日に感染者数が大幅に増えたことは診断基準を変えた
ことを反映しており、流行が悪化している事態の「氷山の一角」では必ずしもないと述べ
た。
    2019年第4・四半期のユーロ圏域内総生産(GDP)は予想通り伸び率が減速し
たものの、雇用の伸びは予想以上に伸びた。WHOの発言を受け、統計の相場への影響は
限定的だった。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below