for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州株式市場=続落、英国の入国者隔離対策を嫌気

    [14日 ロイター] - 
 <株式指数>                 終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                         終値  
 STOXX欧州600種     368.07    -4.46  -1.20     372.53          
 FTSEユーロファース    1426.95   -17.97  -1.24    1444.92          
 ト300種                                                    
 ユーロSTOXX50種    3305.05   -37.80  -1.13    3342.85  <.STOXX50E
                                                               >
 
    
    欧州株式市場は薄商いの中、続落して取引を終えた。英国が入国者
の隔離を義務付ける対象国を拡大したことで旅行株が売られた。世界各
地の軟調な経済指標を受け、新型コロナウイルスの危機によって低迷し
た経済の回復ペースを巡って不安が高まった。
    STOXX欧州600種旅行・娯楽関連株指数は2.30
%下落し、部門別で最も大幅に落ち込んだ。英航空会社ブリティッシュ
・エアウェイズ(BA)の親会社IAGと英格安航空会社のイ
ージージェット、英旅行大手のTUIは4.8%から
8.4%値を下げた。
    英政府はフランスからの入国者に対し15日より、14日間の隔離
を義務付けると発表した。オランダとマルタ、その他3カ国も対象国に
追加した。フランスは英国に対して同様の措置を取ると警告した。[nL4
N2FG0I6]
    フランスのCAC40指数は1.58%下落。フランスの
航空大手エールフランスKLMは5.8%安だった。
    米国と中国の小売売上高が軟調だったことも相場を押し下げた。そ
の他、ユーロ圏の第2・四半期の就業者数と国内総生産(GDP)が過
去最大の落ち込みを記録した。
    米中関係が緊迫化する中、近く開かれる米中貿易交渉が不安視され
ている。米国株を過去最高値へ押し上げる主な材料となった米国の景気
刺激策の交渉が進展していないことも懸念材料だ。
    こうした中、欧州株は週間ベースで2週連続のプラスとなった。金
融システムに大量の資金が入っていることや、新型コロナのワクチン開
発に対する期待が相場を押し上げた。
    

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up