April 18, 2017 / 7:04 PM / 9 months ago

欧州株式市場=続落、選挙巡る不安感で3週間ぶり安値

    [ロンドン 18日 ロイター] - 
 <株式指数>                     終値     前日比        %   前営業日終値  コード
 STOXX欧州600種         376.35      -4.23     -1.11         380.58          
 FTSEユーロファースト30  1478.83     -18.04     -1.21        1496.87          
 0種                                                                       
 DJユーロSTOXX50種    3409.78     -38.48     -1.12        3448.26             
 
   連休明けの欧州株式市場は続落して取引を終えた。メイ英首相の総選挙前倒し表明が
重しとなったほか、フランス大統領選の第1回投票を目前に控え、神経質な相場展開とな
った。
    STOXX欧州600種指数は1.11%下落し約3週間ぶりの安値で引け
た。1日の下落率としては約10週間ぶりの大きさだった。
    投資家の不安心理の度合いを示すSTOXXボラティリティ指数は2016
年12月以来の高い水準をつけた。
    メイ英首相の総選挙前倒し表明に伴ってポンドが値上がりし、FT100種
の重しとなった。
    大統領選を控えたフランスではCAC40指数が1.59%低下し、約7カ
月ぶりの大幅なマイナスとなった。
    ロンドン・キャピタル・グループの上級市場アナリスト、ジャスパ ー・ロウラー氏
は「(フランスの)世論調査は拮抗している。政治の素人でも勝つ可能性がある」と述べ
る。
    STOXX600種資源株指数は3.11%低下し、部門別で最も大きく落
ち込んだ。鉄鉱石の値下がりが重しとなったとアナリストらは指摘している。
    STOXX石油・ガス株指数は1.99%の低下。米国で原油の生産増加が
見込まれるとして、原油が値下がりしたことが嫌気された。

    

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below