Reuters logo
欧州株式市場=続落、ECB理事会控え金融株売られる
2017年9月5日 / 18:32 / 17日前

欧州株式市場=続落、ECB理事会控え金融株売られる

    [ミラノ 5日 ロイター] - 
 <株式指数>                          終値      前日比         %     前営業日終値  コード
 STOXX欧州600種              373.71       -0.47      -0.13           374.18          
 FTSEユーロファースト300種   1468.30       -1.83      -0.12          1470.13          
 DJユーロSTOXX50種         3420.86       -9.56      -0.28          3430.42             
        
    欧州株式市場は続落して取引を終えた。北朝鮮の核実験を巡る地政学的リスクが市場
心理の重しとなったほか、欧州中央銀行(ECB)の理事会を控え慎重な姿勢が強まった
。
    STOXXユーロ圏銀行株指数は1.61%低下し、約10週間ぶりの低水
準へ落ち込んだ。7日に開かれるECB理事会後に景気刺激策の縮小時期について何らか
の詳細が明らかにされる可能性がある。ECBは2兆ユーロ(2兆3800億ドル)超の
資産買い入れプログラムを終える旨を年内に発表すると見込まれている。政策当局者はユ
ーロ高に対する懸念を示しており、買い入れの縮小はゆっくりとしたペースになるとの見
方が出ている。
    チャールズ・ハノーバー・インベストメンツの投資顧問マネージャー、ジョナサン・
ロイ氏は「特定の当局者らは、縮小開始の予想時期を後にずらすべきだとのメッセージを
明確にしている」と述べる。買い入れ縮小が遅れることは、利回りや金利が上がると恩恵
を受ける銀行株にとって痛手だ。
    衛星運営会社のインマルサットは6.5%下落した。ヌミス証券が投資判断
を開始し、「売り」と評価した。ヌミス証券のアナリストらは収益の見込みと利幅見通し
に対して慎重な見方を示した。

    
 (い)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below