October 2, 2019 / 6:43 PM / 19 days ago

欧州株式市場=続落、WTOによる米国の対EU報復関税承認で

    [2日 ロイター] - 
 <株式指数>               終値   前日比      %   前営業日  コード
                                                        終値  
 STOXX欧州600種   377.52   -10.47   -2.70     387.99          
 FTSEユーロファース  1484.12   -42.06   -2.76    1526.18          
 ト300種                                                   
 ユーロSTOXX50種  3413.31  -104.94   -2.98    3518.25  <.STOXX50E
                                                              >
 
        
    欧州株式市場は続落して取引を終えた。世界貿易機関(WTO)が米国の欧州連合(
EU)への報復関税を承認したことで、さらなる貿易摩擦への懸念が高まった。また、軟
調な経済指標は世界経済の不安材料となっている。
    WTOは米国が75億ドル相当のEU製品に関税を課すことを承認。EUによる欧州
航空機大手エアバスへの補助金の対抗措置だ。エアバスは2.0%下落した。
    米中が報復関税の応酬を繰り広げていることで株式相場は既に混乱している。今週発
表された米国とユーロ圏の製造業統計は振るわず、貿易摩擦の影響が浮き彫りとなった。
    TSロンバードの戦略責任者アンドレア・チッチョーネ氏は「貿易摩擦による最悪の
打撃はまだこれからだ。もちろん、欧州の製造業の方が米国より輸出に頼っているため、
打撃は大きい」と指摘する。
    リフィニティブのまとめた最新のデータによると、STOXX欧州600種指数を構
成する企業の第3・四半期は、売り上げが2018年初め以来の減少で、利益は3年ぶり
の大幅なマイナスとなる見込みだ。

    

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below