Reuters logo
欧州株式市場=総じて続伸、カタルーニャ問題でスペインは下落
2017年10月27日 / 19:24 / 25日後

欧州株式市場=総じて続伸、カタルーニャ問題でスペインは下落

    [ロンドン/ミラノ 27日 ロイター] - 
 <株式指数>                    終値  前日比     %  前営業日終  コード
                                                              値  
 STOXX欧州600種        393.43   +2.16  +0.55      391.27          
 FTSEユーロファースト3   1546.67   +8.27  +0.54     1538.40          
 00種                                                           
 DJユーロSTOXX50種   3652.23  +15.03  +0.41     3637.20             
        
    欧州株式市場は総じて続伸して取引を終えた。こうした中、スペイン東部カタルーニ
ャ自治州の州議会が「独立宣言」を可決したことで、スペイン株は下落した。
    スペインのIBEX指数は1.45%低下した。中央政府がカタルーニャ州
の自治権を一部停止する準備をする中、同州の独立宣言は効果がないとみられるが、この
日の動きで同国の政治状況は危険な領域に達した。
    一方DJユーロSTOXX50種指数は0.41%上昇し、2015年
8月以来の高水準をつけた。9週連続で伸びた。
    欧州中央銀行(ECB)は前日、金融政策を引き締め方向に進めたものの、向こう何
年もの間景気刺激策を続ける意向を示した。引き締めの道筋を引き返す余地も残した。
    クレディ・スイスの欧州ストラジスト、サンドリーヌ・ペレ氏は「欧州株は十分な資
金供給が続くことの恩恵を受ける。また第4・四半期のGDPも好調な見込みで、企業利
益がさらに拡大するだろう」とした。「ドイツ株が特に恩恵を受ける」と付け加えた。
    ドイツのクセトラDAX指数は0.64%上昇し、過去最高値をつけた。個
別銘柄では自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が4.5%高と、DAX
指数を押し上げた。好決算が好感された。
    オランダのデジタルセキュリティー大手ジェムアルトは8.3%上昇した。
過去1年間で4度にわたり利益見通しを引き下げた後、この日は健全な決算を発表した。
    テクノロジー株指数は1.17%上昇し、2002年1月以来の高水準とな
った。米アルファベットや米マイクロソフト、米アマゾンが好調な決算を発表したことが
材料視された。
    こうした中、フランスの通信衛星運営会社ユーテルサットは9.4%下落。
収益が減ったことが嫌気された。

    
 (い)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below