November 22, 2018 / 6:15 PM / 22 days ago

欧州株式市場=薄商いのなか下落、鉱業株に売り

    [ミラノ/ロンドン 22日 ロイター] - 
 <株式指数>                  終値    前日比      %  前営業日終  コード
                                                               値  
 STOXX欧州600種      352.57     -2.50   -0.70      355.07          
 FTSEユーロファースト   1389.07    -10.65   -0.76     1399.72          
 300種                                                          
 DJユーロSTOXX50   3126.67    -27.24   -0.86     3153.91             
 種                                                                
        
    欧州株式市場は下落して終了した。鉱業株に売りが出たことに加え、企業決算見通し
が重しとなった。ただ米市場が感謝祭の祝日で休場となっていることで商いは薄かった。
            
    欧州株式市場ではイタリア政局や英国の欧州連合(EU)離脱を巡る問題のほか、景
気や企業業績の減速を巡る懸念でリスク選好は抑制されている。
    この日は世界的な景気減速への懸念から銅価格が下落したことで鉱業株が売られ、鉱
業株指数は約1.6%下落して終了。鉱業株はこれまでも米中通商問題が重しと
なり売られていた。
    前日はイタリア銀行株が売り込まれたが、この日はイタリア予算案を巡
り同国政府と欧州委員会が歩み寄るとの期待からイタリア国債利回りが低下したことを受
け、0.2%程度の下落にとどまった。個別銘柄ではバンコBPMが約3%上
昇したほか、UBIバンカ、バンカ・ジェネラリ、BPERバンカ<EMI
I.MI>が0.2─0.6%上昇した。     
    世界的な景気減速を巡る懸念が出ていることで、アナリストは2018年の欧州企業
業績の伸びの予想を4.8%と、年初に示した10%から下方修正。ドイツ銀行の欧州株
アナリストは「伸びの急速な鈍化はすでに市場に織り込まれている」とした。ただ19年
については伸びは10%に回復するとの見通しが示されている。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below