July 4, 2019 / 5:22 PM / 14 days ago

欧州株式市場=1年ぶり高値、イタリア情勢や金融緩和見通し好感

    [4日 ロイター] - 
 <株式指数>                    終値  前日比     %  前営業日終  コード
                                                              値  
 STOXX欧州600種        392.94   +0.36  +0.09      392.58          
 FTSEユーロファースト3   1546.64   +1.49  +0.10     1545.15          
 00種                                                           
 DJユーロSTOXX50種   3544.15   +3.52  +0.10     3540.63             
 
    欧州株式市場は1年強ぶりの高値で引けた。イタリアが欧州連合(EU)の是正手続
きを回避したことを受け、同国株が急伸した。主要中銀の金融緩和観測も広
がり、追い風となった。
    STOXX欧州600種は6営業日続伸した。欧州中央銀行(ECB)総裁
に指名されたラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事が、ハト派姿勢を維持するという
楽観的な見方が背景。
    借り入れコストの低下予想を受け、欧州株は5月の下落局面から持ち直し、STOX
X欧州600種は年初から16%強上昇している。
    イタリアの主要株価FTSE・MIB指数は1%値上がりし、約1年ぶりの
高値水準を記録した。銀行株指数も3.4%上昇した。政府は2019年の
財政赤字目標を引き下げ、EU規則を完全に順守するとの見方を示した。
    貿易に敏感なSTOXX欧州600種自動車・部品株指数は0.4%上昇し
た。米中通商協議を巡り代表者が来週に電話会談を開くことで調整中と伝わった[nL4N244
4B3]。
    配当落ちとなった英航空会社ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の親会社IAG
とコカコーラ・ヘレニックの下げが目立った。
    米国が独立記念日で休場のため、薄商いとなった。  

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below