March 20, 2020 / 6:15 PM / 21 days ago

欧州株式市場=2営業日続伸、週間ベースではマイナス

    [20日 ロイター] -    
 <株式指数>                 終値   前日比      %   前営業日  コード
                                                          終値  
 STOXX欧州600種     293.04    +5.24   +1.82     287.80          
 FTSEユーロファース    1151.37   +18.80   +1.66    1132.57          
 ト300種                                                     
 ユーロSTOXX50種    2548.50   +94.42   +3.85    2454.08  <.STOXX50E
                                                                >
    
    欧州株式市場は2営業日続伸して取引を終えた。ただ新型コロナウイルスによる景気
への打撃が不安視され、終盤にかけて勢いをなくした。
    この日は値上がりしたものの、週間ベースでは5週連続のマイナスとなった。
序盤は、英中銀イングランド銀行(BOE) が前日に発表した緊急対策や、欧州連合(
EU) の欧州委員会が、域内共同の特別債を発行することを検討していると明らかにし
たことが相場を押し上げた。
    ただ、これまで同様、株価の押し上げ効果は続かなかった。BOEと欧州中央銀行(
ECB)が先週支援策を発表した際も株価下落に歯止めをかけることはできなかった。
    キャピタル・エコノミクスの市場エコノミスト、シモーナ・ガンバリーニ氏は「EC
Bはいずれ、一段と対策を打たなければならない。少なくとも新型ウイルスの危機が続い
ている間は各国の債券利回りを低い水準にとどめることに注力するだろう」と述べた。
    この日は、新型ウイルスの被害が最も大きいSTOXX欧州600種旅行・娯楽関連
株指数が9.79%上昇した。週初めは19年近くぶりの安値を付けていた。
    石油・ガス株指数は6.24%上昇した。24日に付けた24年ぶりの安値
から持ち直した。
    個別銘柄ではドイツの照明大手オスラムが39.6%急騰。オーストリア
のセンサーメーカー、AMSがオスラムの買収を追認したことが材料視された。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below