April 3, 2019 / 5:55 PM / 20 days ago

欧州株式市場=4営業日続伸、米中通商協議と英EU離脱巡る前向きな見方で

    [3日 ロイター] - 
 <株式指数>                    終値  前日比     %  前営業日終  コード
                                                              値  
 STOXX欧州600種        388.92   +3.89  +1.01      385.03          
 FTSEユーロファースト3   1527.21  +12.60  +0.83     1514.61          
 00種                                                           
 DJユーロSTOXX50種   3435.56  +39.86  +1.17     3395.70             
        
    欧州株式市場は4営業日続伸して取引を終えた。米中通商協議や英国の欧州連合(E
U)離脱を巡る前向きな見方や、中国とユーロ圏の好調な経済指標が相場の押し上げ要因
となった。
    クドロー米国家経済会議(NEC)委員長は2日、米中通商協議について、今週は話
し合いがさらに進むだろうと述べた。通商政策に左右されやすいドイツのクセトラDAX
指数は1.70%上昇し、5営業日続伸した。
    メイ英首相は3日、英国のEU離脱協議の打開を図るために最大野党・労働党のコー
ビン党首と協議を始めた。アイルランドの主要株価指数は1.78%上昇し、約
半年ぶりの高水準となった。英国が合意なしに離脱した場合、アイルランドは特に打撃を
受けるとみなされている。
    2月のユーロ圏小売売上高が市場予想を上回ったことや、3月の中国サービス部門購
買担当者景気指数(PMI)が14カ月ぶりの高水準をつけたことも市場心理好転の要因
となった。
    アイルランドの建材大手CRHは3.5%上昇した。ベレンバーグがCRH
を「バイ」、目標株価33ユーロで投資判断を開始したことも好材料となった。
    一方、STOXX欧州600種ヘルスケア指数は0.28%低下した。第2
・四半期決算が期待外れの内容だったデンマークの食品添加物大手、クリスチャン・ハン
センは6.8%安となり、指数を押し下げた。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below