for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

沖縄県知事選、玉城デニー氏が再選確実 自公の候補敗れる=報道

[東京 11日 ロイター] - 任期満了に伴う沖縄県知事選が11日投開票され、NHKなどによると、立憲、共産などがまとまった「オール沖縄」が推す現職の玉城デニー氏(62)が再選を確実にした

米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設の是非や、新型コロナウイルスで主要産業の観光が打撃を受ける中、経済対策が主な争点だった。玉城氏は前回2018年の選挙と同じく基地移設に反対する一方、自民党と公明党が推す佐喜真淳・前宜野湾市長は容認する姿勢を示していた。前衆院議員の下地幹郎氏も立候補していた。

今年沖縄県で実施された名護、南城、石垣、沖縄の4つの市長選では、自公が推薦する候補がオール沖縄候補を退けていた。

玉城氏は沖縄県出身の62歳。ラジオ番組のパーソナリティや沖縄市議を経て、2009年から18年まで衆議院議員を務めた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up