August 5, 2019 / 2:25 AM / 19 days ago

為替こうみる:ドル一段安のおそれ、個人は買い・プロは売り=トレイダーズ 井口氏

[東京 5日 ロイター] -

<トレイダーズ証券 市場部長 井口喜雄氏>

ドル/円が直近安値を更新する中、個人投資家の買いが勢いづいている。久々の105─106円台という値ごろ感が手がかりで、顧客の8割超がドルを買い向かっている状況だ。

一方、米商品先物取引委員会(CFTC)のIMM通貨先物・非商業(投機)部門の取組状況によると、7月30日までの週に円の売り越し幅は4218枚まで減少した。その後の円高進行を考慮すれば、世界中のプロ投機筋は円の買い持ちに移行した可能性もある。

現在のドル/円相場は、プロの売り対個人の買いという構図になりつつある。これは当然、個人の分が悪い。しかも今後、夏休みで円相場の取引量が少なくなるため、個人のストップロスを狙ったプロの売りは一段と機能しやすくなる。特に早朝の薄商い時などは円急伸に警戒が必要だ。

ただ、トランプ米大統領の手法を見ていると、リスクオフ的な敵対ムードを作り出した後に、リスクオン的な歩み寄りへ移行することが少なくない。米株の崩れは大統領にも気がかりだろう。円反落の可能性も考えておくべきだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below