May 10, 2019 / 5:10 AM / 10 days ago

米の対中追加関税こうみる:対立は根深い、折に触れ円債を支援=みずほ証 上野氏

[東京 10日 ロイター] -

<みずほ証券 チーフマーケットエコノミスト 上野泰也氏> 米政府による中国からの輸入品に対する追加関税がスケジュールどおりに発動された。今回は米税関が猶予期間を設けており、すでに出航した貨物については追加の部分は適用しないということもあり、市場はその辺りの猶予措置を含めてすでに織り込み済みのイベントだった。

今回の通商協議がいったん妥結したとしても、軍事的な部分を含めた米中の対立関係は根深い。長期的にみると、日本が軍事的には米国、経済的には中国と近いことから、立ち位置をどのように見出すかが今後の課題だ。

こうした背景から、折に触れて株安を経由して、円債のサポート材料になるだろう。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below