July 18, 2018 / 7:21 PM / 5 months ago

米ホワイトハウス、ロシアが米国を標的にせずとのトランプ氏発言を否定

[ワシントン 18日 ロイター] - 米ホワイトハウス報道官は18日、トランプ大統領がロシアはもはや米国を標的としていないと述べたことを否定した。

トランプ大統領はこの日、ロシアは米国をなお標的としているかとの質問に「していない(no)」と回答。米情報機関のロシアによる介入は続いているとの判断と相反する見解を示していた。

これについてホワイトハウスのサンダース報道官は記者会見で、トランプ大統領は米選挙に対するさらなる介入の可能性を巡る質問に対して「no」と答えたもので、ロシアが米国を標的とし続けているかとの質問に答えたのではなかったと説明。「質問に答えることに対し『no』と応じた」と述べた。

その上で、ホワイトハウスはロシアが米国の選挙を再び標的とする可能性があり、ロシアからの脅威は依然として存在していると考えているとし、「トランプ大統領、および政権は、ロシアがこれまで行ってきたように米国の選挙に介入できないよう懸命に努力している」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below