September 13, 2019 / 2:43 PM / a month ago

米下院司法委、GAFAに内部文書提出要請 独禁法調査の一環

[13日 ロイター] - 米下院司法委員会は13日、反トラスト法(独占禁止法)違反を巡る調査の一環として、アマゾン・ドット・コム、フェイスブック、アップル、アルファベット傘下のグーグルに対し、内部の電子メールや社内文書の提出を求めた。

司法委は10月14日までに提出するよう求めているが、これまでのところ各社からコメントは得られていない。

グーグルを巡っては、テキサス州のパクストン司法長官が今月9日、米48州と首都ワシントン、自治領プエルトリコの司法長官が反トラスト法違反の疑いで調査に乗り出したと表明。調査は「オンライン広告市場や検索トラフィックでの圧倒的な支配力」に焦点が置かれるとしていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below