December 20, 2017 / 6:34 PM / a month ago

米下院、税制改革法案を再可決 トランプ大統領署名へ

[ワシントン 20日 ロイター] - 米議会下院は20日午後、法人税率の大幅な引き下げなどを柱とする税制改革法案の最終案を賛成多数で再可決した。同法案は署名のためトランプ大統領に送られた。

下院は前日、同法案を可決し上院に送ったが、内容の一部が上院規則に違反しているとされたため、下院での再採決が必要になっていた。

下院での再採決では賛成224、反対201で可決。上院は同法案を20日未明に賛成51、反対48で可決している。

同法案は法人税率の現行の35%から21%への引き下げのほか、個人事業主やパートナーシップなどのパススルー事業体に対し事業所得の31万5000ドルまでに対し20%の税控除を設定することなどを柱としており、約30年ぶりの大幅な税制改革となる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below