November 7, 2018 / 5:16 AM / 8 days ago

米中間選挙こうみる:財政収支悪化、米金利に上昇圧力=SMBC日興証 末澤氏

[東京 7日 ロイター] -

<SMBC日興証券 金融財政アナリスト 末澤豪謙氏>

米中間選挙で、民主党が下院を制する見通しとなり、上院は共和党が多数派を維持する見込みとなった。事前予想通りの結果で、短期的な金融市場への影響は限定的だろう。

ただ、トランプ政権の議会運営は困難となり、与野党が対決する法案は、まったく通らなくなるだろう。場合によると、下院で民主党がさまざまな調査権限を発動して、トランプ政権の幹部が召喚されることや、大統領弾劾訴追が行われる可能性もある。

米国の政治は、オバマ政権の第1期の中間選挙後同様に「決まらない政治」が続くとみている。

また、インフラ投資を進める中、増税は与野党の反対で通らず、米国の財政収支は一段と悪化する可能性がある。となれば、米長期金利への上昇圧力がかかるだろう。保護主義が加わると、中期的には米株式市場にはネガティブな影響が出てくることを想定している。米株式市場が不安定化すれば、日本の株式市場にも悪影響が及ぶ可能性がある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below