November 20, 2018 / 5:01 PM / 25 days ago

米原油先物一時約6%安、世界経済の鈍化懸念が重し

[ニューヨーク 20日 ロイター] - 20日のニューヨーク時間午前の取引で米原油先物が一時約6%下落し、約1年ぶりの安値を付けた。世界的な経済成長が鈍化するとの懸念が重しとなっている。

米東部時間午前終盤の取引で米ウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は2.48ドル(4.3%)安の1バレル=54.72ドル。一時は6.2%安の53.63ドルと、2017年10月以来の安値を付けた。

北海ブレント先物は2.72ドル(4.1%)安の64.07ドル。一時は5.1%安の63.36ドルと、今年3月上旬以来の安値を付けた。

WTI先物は10月上旬に付けた約4年ぶりの高値から約30%下落。北海ブレント先物も同期間に26%下落している。

リッターブッシュ・アンド・アソシエーツのプレジデント、ジム・リッターブッシュ氏は「現時点ではリスクが注視されている」とし、「株価が8%、9%と下落した時は世界的な景気減速が想起され、原油需要が予想より軟調になるとの連想につながる」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below