September 4, 2019 / 10:39 PM / 14 days ago

米商務省、中国・メキシコ製の構造用鋼に関税仮決定

[ワシントン 4日 ロイター] - 米商務省は4日、中国とメキシコから輸入される構造用鋼に反ダンピング関税を課す方針を仮決定したと発表した。同省は先に、両国からの加工構造用鋼が不当に安い価格で販売されているとの暫定判断を下している。

中国からの構造用鋼には最大141%、メキシコ製品には最大31%の関税を適用。今後、預け金の形で課税分の徴収を開始する。

商務省はまた、カナダから輸入される加工構造用鋼はダンピング(不当廉売)に該当しないとの判断を示した。

中国製の鉄鋼製品は、反ダンピング関税や制裁関税によって、すでに大半が米国市場から排除されている。

加工構造用鋼に関する最終決定は来年1月24日かその前後に下す予定。最長5年間の正式な反ダンピング関税を課すには、米国際貿易委員会(ITC)が、米国のメーカーが不当に安い輸入品で損害を受けたと認定する必要がある。

商務省によると、2018年に中国から輸入した加工構造用鋼は8億9750万ドル、メキシコからの輸入品は6億2240万ドルに上った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below