November 7, 2018 / 9:34 PM / in 14 days

米商務省、中国産アルミニウム板材に反ダンピング関税=関係筋

[ワシントン 7日 ロイター] - 米商務省が中国産アルミニウム板材に対し96.3─176.2%の反ダンピング(不当廉売)・反助成関税をかける方針であることが、関係筋の話で明らかになった。

関係筋によると、税率は4月と7月の当初導入時(198.4─280.46%)から引き下げられた。米国際貿易委員会(ITC)は今年1月にこの問題を巡る調査着手を決定しており、12月20日に最終決定を行う。

米アルミ業界ではアレリスやアーコニックなどが2017年12月、中国からの低価格の輸入品が急増していると証言。これらの企業によると、アルミニウム板材の輸入は過去10年で約750%増加。14─17年は91%を超えて増加したとしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below