August 2, 2018 / 6:35 PM / 4 months ago

米国家情報長官、ロシアが米選挙への介入企てているとの認識表明

[ワシントン 2日 ロイター] - コーツ米国家情報長官は2日、ロシアは今秋の米中間選挙に加え、2020年の米大統領選挙への介入を企てているとの認識を示した。

コーツ長官はホワイトハウスで行った記者会見で「中間選挙、および2020年の大統領選に対する脅威について情報機関は引き続き懸念している」とし、「中間選挙へのロシアによる関与については、米国の分断化と弱体化をもくろむロシアによるメッセージ・キャンペーンが引き続き蔓延している」と述べた。

このほか「ロシアが候補者や政府当局者などから情報を盗もうとした形跡があることも把握している」とも指摘。ただ米国の選挙に介入しようとしている国はロシアだけではないとの認識も示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below