May 1, 2019 / 7:43 PM / 20 days ago

米国防総省、ベネズエラ軍事介入は準備せず 詳細な緊急対策は策定

[ワシントン 1日 ロイター] - 米国防総省は1日、南米ベネズエラに対する直接軍事介入を積極的に準備していないとの姿勢を示したものの、同国の政情が一段と混迷した場合に備え詳細な緊急対策を策定していることを明らかにした。

ポンペオ国務長官は、米国は必要に応じて軍事行動を起こす用意があると表明。その数時間後にシャナハン国防長官代行は、米国はベネズエラに対する「徹底的な計画」を策定したと明らかにした。ただベネズエラのマドゥロ政権を打倒するには米国が主導する軍事介入ではなく、外交的、経済的な圧力が有効な手段になるとの考えを改めて強調した。他の当局者も同様の考えを示している。

このほか、中南米を管轄する米南方軍のクレイグ・ファラー司令官は、米国、および米州における米国の同盟国は、マドゥロ政権打倒後のベネズエラの経済インフラ復興支援に重点を置いていると指摘。

マドゥロ政権打倒に米軍が何らかの役割を果たすとみているかとの質問に対しては「民主的な移行である必要がある」としながらも、命令があれば南方軍には行動を起こす用意があるとも述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below