March 12, 2020 / 3:56 AM / 24 days ago

米大統領演説こうみる:給与減税の迅速な議会審議は困難か=みずほ証 倉持氏

[東京 12日 ロイター] - <みずほ証券 投資情報部部長 倉持靖彦氏>

トランプ米大統領は演説で欧州からの入国制限に加え、有給の傷病休暇、打撃を受けた中小企業への救済ローン、 確定申告期限の延長等の具体的な措置について振れたものの、給与税減についてはあいまいだった。現在市場が一番期待しているのは、3000億ドル、名目GDP1.5%規模に当たる給与減税なだけに、投資家の期待は空回りとなり、時間外取引での米国株先物の急落につながっている。

過去、ブッシュ政権やオバマ政権も景気減速に直面した際、議会内で様々な対立が生じつつも最終的には措置を取る経緯があった。ただ、減税の規模が大きく、大統領選を控えて共和党と民主党が対立する中、議会の審議を迅速に進めるのも難しい。どうしてもスピード感に欠けてしまうのが実情のようだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below