June 28, 2017 / 9:54 PM / 7 months ago

米安全保障省、検査厳格化でラップトップ機内持込禁止の拡大回避 

[ワシントン/ニューヨーク 28日 ロイター] - 米国土安全保障省のケリー長官は28日、国内の空港に到着する国際便について、より厳格な安全対策の導入を発表した。当局者はこれによりラップトップパソコン(PC)などの電子機器の機内持ち込み禁止措置を拡大せずに済むとしている。

新たな安全対策の下、航空各社は乗客の電子機器や乗客本人の検査の厳格化のほか、爆発物検査も一段と厳しく実施することが求められる。対象となるのは世界105カ国の280の空港から米国に到着する商用便。1日の到着便数は約2000便となる。

ケリー長官は「何も対策をとらないことは選択肢にない」とし、航空各社は検査の厳格化に協力すると確信していると述べた。ただ、厳格な審査を行わなかった航空会社に対しては、電子機器の機内持ち込み禁止措置が適用される可能性があるとしている。

ラップトップPCはビズネスクラスを利用する乗客の間で特に機内持ち込みが多く、航空各社の間で持ち込み禁止措置の拡大は減収につながる恐れがあるとの懸念が出ていた。

この日の株式市場ではユナイテッド・コンチネンタル、 デルタ航空、アメリカン航空がそろって上昇して終了した。

この件に関して航空各社はまだコメントを出していない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below