August 28, 2019 / 4:52 PM / 25 days ago

米当局、香港との海底ケーブル阻止を検討 安全保障上の懸念=米紙

[28日 ロイター] - 米グーグルの持ち株会社アルファベットと米フェイスブックのほか中国企業が推進する米カリフォルニア州のロサンゼルスと香港を結ぶ海底ケーブルについて、米当局は国家安全保障の観点から阻止することを検討している。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が28日、報じた。

WSJ紙によると、同海底ケーブルには中国の鵬博士電信伝媒集団(Dr.Peng Telecom & Media Group)も出資しており、米司法省は同社の関与を巡る懸念のほか、同ケーブルが香港に直接接続されることに強い反対姿勢を示している。

この件に関して、司法省の国家安全保障担当報道官、マーク・レイモンディ氏は「連邦通信委員会(FCC)が外国投資などに基づき国家安全保障、および法令順守を巡る懸念に指定した現在進行中の案件について、司法省はコメントしない」とした。

ロイターの取材に対し、グーグル、フェイスブック、および中国企業からコメントは得られていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below