May 21, 2018 / 2:40 PM / a month ago

米政府、イランの政策変更なければ「最も厳しい」制裁導入=国務長官

[ワシントン 21日 ロイター] - ポンペオ米国務長官は21日、イランが外交・国内政策の方向を変えなければ、米国は同国に対し「これまでで最も厳しい」制裁措置を導入する可能性があると述べた。

ポンペオ長官はイランに対する12項目の要請事項を挙げ、イランが政策を有意に変更したと米政府が認識しない限り、制裁措置は緩和されないとし、イランと禁止取引について米政府は責任を追及するとの立場を示した。

トランプ大統領が離脱を表明した2015年のイラン核合意については、米国は新たな合意の取りまとめについてオープンであるとの立場を示し、同盟国の支持を望んでいると述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below