May 4, 2018 / 2:30 PM / 6 months ago

米短期金利先物、雇用統計軟調でも6月利上げ観測後退せず

[ニューヨーク 4日 ロイター] - 米労働省発表の4月の雇用統計が予想より軟調だったものの、米短期金利先物市場では金利先物がやや上昇し、連邦準備理事会(FRB)が6月の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げを決定するとの観測が後退していないことが示された。

CMEグループのフェドウオッチによると、雇用統計発表後約45分の時点で、フェデラルファンド(FF)金利先物はFRBがFF金利の誘導目標を1.75─2.00%に引き上げると予想をほぼ織り込む水準にある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below