May 13, 2019 / 1:53 PM / 12 days ago

米短期金融市場で利下げ観測高まる、中国の報復関税発表受け

[ニューヨーク 13日 ロイター] - 中国が対米報復関税措置を発表したことを受け、米短期金融市場で米連邦準備理事会(FRB)が年末までに利下げに動くとの観測が高まった。

中国財政省は13日、6月1日付で米国からの600億ドル相当の輸入品に関税を課すと発表。5140品目が対象となる。米政府は前週10日付で、中国からの2000億ドル相当の輸入品に対する関税を10%から25%に引き上げていた。

CMEのフェドウオッチによると、中国による報復関税措置が伝わった後の米東部時間午前9時08分(日本時間午後10時08分)現在、FF金利先物は、FRBが12月10─11日の連邦公開市場委員会(FOMC)でフェデラルファンド(FF)金利誘導目標を0.25%ポイント引き下げ2.00─2.25%とする確率が約70%であることを織り込む水準となっている。前週10日は64%だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below